福岡自然農園開園の祖、福岡正信(Masanobu Fukuoka)についての略歴を提示しています。

   ふ く お か し ぜ ん の う え ん
コピー (2) ~ コピー ~ 修正後ロゴ.j切り抜きのコピー.jpg
h_Gradation06.jpg

福岡正信 略歴(現在の地名で表記)

1913 愛媛県伊予市にて出生
1930 愛媛県立松山中学校卒業
1930 岐阜高等農林学校(現岐阜大学農学部)入学・樋浦誠に師事
1934 横浜税関に勤務・黒澤英一に師事
1937 日本植物病理学会誌に論文投稿
1937 一時帰農
1939 高知県立農事試験場勤務
1941 『農作物 病害虫防除提要 第一編』(楠会)出版
1942 『農作物 病害虫防除提要 第二編』(楠会)出版
   戦後帰農
1950年代 粘土団子着想
1958 『百姓夜話』(自費出版)出版
1975 『自然農法・わら一本の革命』(柏樹社)出版
1978 "One Straw Revolution" (Rodale Press) 出版
1979 初の海外活動、砂漠緑化に関心を持つ
1986 福岡糯3号、福岡2号、福岡1号品種登録
1988 マグサイサイ賞受賞
1997 第1回アース・カウンシル賞受賞
2005 最後の講演会(愛知万博)
2008 愛媛県伊予市にて永眠

ページの先頭へ




福岡正信.jpg